意外と知られていないポスレジの裏技をまとめます

販売時点情報管理を英語に訳すと「point of sales system」などになるのですが、「point of sales system」を略してPOSなどとも言われています。POSはポスと読み、販売時点情報管理に欠かせないのがポスレジです。ちなみに、販売時点情報管理は、物品販売の中での売り上げ実績を単品単位で集計するための経営の実務手法と言います。物品販売は商品を販売するお店だけではなく、料理を提供する居酒屋やファミリーレストランなども料理と言った物品を販売する事からも、POSレジを導入しているお店が多くなっています。導入する最大のメリットは、注文を受けた時、お客さんが商品を購入した時点で売り上げが分かる点であり、従来は集計を行わないと売り上げを把握出来なかったものがリアルタイムに分かるようになるのです。

スーパーのレジはスキャナーを使うお店が多くあります

スーパーはポスレジをいち早く導入した業種と言えましょう。スーパーでの買い物をすると、商品についているバーコードをレジに内蔵されているスキャナーで読み取るか、ハンディースキャナーを使ってバーコードを読み取る、もしくは画面に表示されているメニューを選んで、レジ操作を行っています。従来のスーパーの場合は、商品についている値札を見て、金額を入力していましたが、現在ではバーコードやメニューを選べばレジ打ちが出来る便利な時代になっています。尚、商品についているバーコードは商品価格が記録されているものではありません。仮に、価格をバーコード内に入れてしまうと、値引きをする時などはバーコードすべてを交換しなければならなくなるからなのです。スキャナーで読み取った情報は価格情報が記録してあるデータベース内で検索を行い、金額をレシートに打刻しているのです。

バーコードで読み取った情報と売り上げの把握

バーコードにはお店が決めた商品番号が記載してあり、ポスレジに内蔵しているスキャナーでバーコードを読み取ると、価格を管理しているデータベース内で商品番号を使って検索を行い、価格情報を取り出します。レシートには商品名や商品番号や値段などの印字が行われていますが、バーコードに記載してある商品番号と価格情報が記録してあるデータベースの連携により、複数の情報をレシートに印字する事が出来るようになっています。さらに、ポスレジと売り上げ管理データベースを連携する事や商品在庫データベースと連携する事で、スキャナーで読み取られた商品情報を使って、現時点での売り上げが幾らになっているのか、商品在庫数が減っているものは所定の数量を下回った時に自動発注を行う事が出来るようになります。