ポスレジを導入するとこんなメリットがあります

インターネットが普及した中で、いま、店舗でも様々なサービスを、ネット回線を利用して行っている法人が増えています。業務の生産性が上がる事はもちろんのこと、様々なサービスをスムーズに進める事ができると評判を集めています。特に、レジ業務は、店舗経営にとって重要なツールの一つになっていますが、スタッフのミスが多い業務でもあります。これらの問題の解決になるのが、ポスレジの存在です。最近は、無線を利用して、タブレット端末で簡単に会計を行えるサービスがスタートしています。機材も大がかりなものは不要で、操作も簡単なので、多くの店舗で導入が進められています。光回線を利用したサービスの為、まずはネットが使えるかの確認をしたうえで、積極的にサービスを取り入れると、業務の効率化を進める事ができます。

飲食店にぴったりなタブレット端末の威力

ポスレジの特徴として、従来のレジスターが不要になるという点が一番のメリットです。タブレット端末があれば、レジ業務を円滑に進める事ができる為、レジ台のスペースなども不要です。広さを十分に確保する必要もないので、店舗の広さが狭くても問題ないです。飲食店などで、オーダーを取る業務がありますが、その時は、スマホ型の端末で、注文の聞き取りができます。端末に入力をするだけで、レジ本体の役割を果たすタブレット端末へ、情報が飛びます。更に、一日の売り上げデータを保存するコンピューター本体にも、タブレット端末から情報をとばせるため、データ管理や売上の推移がすぐにわかるというメリットがあります。また、注文内容は、そのまま厨房へとプリンターを通して流れるので、間違い等もかなり減らせます。

スタッフのミスを減らす事が期待できるレジ

レジ業務といえば、スタッフにとっては非常に難しい業務の一つともいえます。現金やクレジットカードの取り扱いには、細心の注意を払う事になりますし、ミスをすると、店舗の売り上げに響く為、ミスは許されない仕事の一つです。しかし、無線を利用したポスレジを導入することで、レジ業務のスタッフのミスを大幅に減らせます。操作方法が、普段使っているタブレットや、スマホと同じなので、だれでも簡単に操作ができるという点が一番のメリットです。また、クレジットカードの端末と同等の役割を果たすのが、ポスレジの特徴の一つなので、カードの支払いなどの業務も、ミスを減らせます。お客様へのサイン等を忘れたり、お客様控えの渡し忘れも多い中、タブレットに直接、タッチペンでサインができるので、そのような小さいミスを防げます。