ポスレジの特徴を詳しく説明します

ポスレジは店を例にするとレジをするそのときにその内容も情報資料として管理するシステムです。仕組みにもよりますが人がやると起こり易い計算数量価格などの打ち間違い等のポカミスが一般的に非常に少ない無く売り上げだけでは無く顧客の状況などもその時点で資料としてストックしてくれ後で見直しして今後どうするか等検討する事が出来る便利さが挙げられます。それまでの物にレジスターがありますが会計系列に特化しているのでポスシステムのレジと比べるとどうしても人の手が必要になるので軍配はポスレジに上がります。因にポスはPOSともいわれ直訳すると販売時点情報管理と長い上元の言葉もPoints of Salesとこれもまた長い事もあり省略した文字のPOSで表現するのが定着しています。 

ポスレジは使い方で万能性を発揮

 POSレジは経営者が知るべき情報を管理する事に非常に長けているシステムです。売買の時点でそれが何時で商品の種類や価格や数量が解るのは当たり前になっておりさらには顧客の年齢層や性別や天気等もデータとして取り込む事が普通になっています。そういった経緯により利用者が求めるデータの収集を取り入れる事で様々な職種において万能性を発揮するのがPOSの凄い所です。またチェーン店等ではクラウド連携により店全体の規模で情報をやり取り出来ると言う便利な仕組みがあり、今後も更に進化し続ける可能性があります。因にクラウド連携はiPhoneとMacがアップルIDで画像やカレンダーのデータ供給しているアレのイメージでKindle等の電子書籍も利用者が同じであれば媒体が代わっても同じ物を読む事が出来るのと同じです。 

ポスレジがよく使われる職業とその用途

 POSレジは飲食業サービス業小売業と言った販売をする業者によく使われる仕組みです。販売以外に共通しているのが顧客情報の管理です。その点に共通性がある為医療福祉施設でも採用されています。小売業では管理と顧客のデータから今後の仕入れの傾向と対策を立てます。サービス業は接客業なので社員給料管理とリピーターの把握に活躍します。飲食業は第一なのが時間の削減です。仕入れからシフトや予約も簡素化する上データ化にして常連客やリポーター呼び込みや注文して受付し配膳から会計までもデータ化して一括管理をして効率性を挙げています。医療現場では無数の患者とやり取りをやるのでPOSシステム化する事でそれぞれの患者のカルテを識別し短時間でそのときその時の必要である患者のカルテ等の情報を取り出す事が容易であります。

もっと向上していきたいお店をお持ちの方々をトータルサポートしていきます。 POS+によって売上を自動集計。注文時間も一目で確認出来る為、来店頻度を把握することが可能です。 このPOS+があれば電子カルテや顧客管理もまとめて管理が可能となります。 ipadにてそのまま手軽に139ヵ国のパスポート対応。簡単に免税対応もおこなえます。 駆付けサポート14時受付なら当日駆付けいたします。 ポスレジで繋がる良いお店